会社を辞める・辞めたい理由は人間関係が1位。ストレスで体を壊す前にやるべきこと。


kankei

会社員の大きなな悩みの一つが人間関係。中には辞めたいほどつらい気持ちを抱えている人もいるでしょう。

しかし、人間関係のストレスから逃れられない理由は意外なところにあるようです。

転職理由の1位は人間関係

会社勤めをしていれば仕事を辞めたい、と思うこともあるでしょう。

むしろ一度も辞めたいと思ったことがない人の方が珍しいかもしれません。

 

会社を辞めたい理由としては、

給料が安いなど待遇面の不満や

残業や休日出社といった労働環境のへ不満、

仕事内容に魅了を感じないなど業務内容への不満

など、人によって抱えている問題は様々かと思います。

 

以前、私が親しくしていた転職コンサルタントの方の話によると

転職の相談に来る人の動機として特に多いのが人間関係についての悩み

仕事の内容や給料に対する不満はないけれど

人間関係の悪さに耐えられず相談に来る人も多いのだとか。

 

上司からひどいパワハラやセクハラを受けている、という場合はもちろんですが

なんとなく職場の雰囲気になじめない、苦手な人や嫌いな人がいる、

といったことでも、毎日積み重なれば我慢にも限界が来ます。

 

人間関係に耐えられなくなる前に、何かしらの手を打ちましょう。

 

人間関係が悪くなる原因

その原因は

・多様な人間が集まっていること。

・付き合う相手を選べないこと

などでしょう。

 

プライベートのコミュニティであれば

年齢が近かったり、趣味が同じだったりと

何かしら共通点があると思います。

それがきっかけで仲良くなることも多いでしょう。

 

しかし、会社は経済的利益のために必要か否か、という観点から社員を採用します。

チームワークをとるために似たような人間を採用する会社もありますが

組織としてのバランスをとるために

あえて異なった性格やバックグラウンドを持った人間を採用するということも多いですから

性格が合わなかったり、話の取っ掛かりとなる共通点が見つけられない、

ということもあるでしょう。

年齢も20代から60台まで幅広いですから、共通の話題を見つけ出すのは一層難しいかもしれません。

 

また、プライベートであれば馬が合わなければ自然と疎遠になりますが

職場ではそうもいきません。

馬が合わないなりに一緒に仕事をしていかなければいけないのです。

 

人間関係をよくするためにすべきこと

一番はコミュニケーションをとることでしょう

 

実は相手もあなたのことが嫌いなわけではなく

どう接していいのか分からず戸惑っていただけかもしれません。

特に上司であれば、あなたの仕事ぶりが自分の評価にも響いてきますから

あなたに興味がないわけがないのです。

上司であれば報告のついでに、同僚であれば打合せの前後にちょっと雑談を振ってみる、

一緒にランチに行ってみるなど

ちょっとした勇気と行動で人間関係が好転することも珍しくありません。

 

また、人間関係の「良し悪し」というのはあくまで主観的な評価、究極的にはあなたのとらえ方次第です。

ですから、相手の態度に対するあなたの見方を変えることで前向きな気持ちになれることもあります。

 

例えば、上司がほかの同期には親切なのにあなたにだけ辛くあたる、という場合、

上司はあなたが気に入らないのではなく、実力を認めているから

あえて口を出さないことでさらなる成長を促している、ということもあるでしょう。

 

同僚や年齢の近い先輩があなたに冷たいのはライバルを蹴落としたいからかもしれません。

 

そうとらえると、不思議と相手の行動に腹が立ったり悲しくなったりしなくなることもあるのです。

 

心に余裕を持つために

とはいえ、人間関係は難しいもの、

どう頑張っても改善しないということもあるでしょう。

その状態で無理して仕事を続けた結果、うつ病になってしまう人が後を絶たないようです。

 

生活のための仕事で体を壊した結果不自由な生活を送ることになる、というのでは元も子もありません。

「人間関係の問題なんて誰しも抱えているからそんなことで仕事を辞めるなんて言語道断」

という人もいますが、そういう人はもともとあまり他人の目が気にならないタイプの人なのでしょう。

私は工夫をしても人間関係が変わらないのであれば仕事を辞めることを考えてもいいと思います。

 

そもそも、仕事を辞めるというのも相手のコミュニケーションをとる等と同じく、人間関係改善のための選択肢の一つです。

にもかかわらず、多くの人は辞めることには大きな精神的なハードルを感じています。

その結果、辞めたいのに辞められない、というストレスで心身のバランスを崩してしまうのです。

 

多くの場合、仕事を辞めることへの抵抗の正体は辞めた後の生活への不安、具体的には金銭面の不安でしょう。

転職先を決める前に辞めれば、再就職が決まらず経済的に苦しむことになるかもしれませんし

先に転職先を決めてから、と思っても転職先についての見通しは自社ほどはっきりとはわからないでしょう。

 

結局、今の職場を辞められない理由は金銭面への不安です。

収入を会社に依存している以上、この不安から逃れることはできません。

 

ならば、会社からの給料以外にも収入源をつくってみたらどうでしょう。

金銭的な不安がなくなれば現在の職場を辞める、というのも

現実的な選択肢として検討することができるのではないでしょうか。

 

また、辞めるという切り札を持つことで今の人間関係を一歩引いた視点で見ることができ

嫌な気持ちが軽減された、という声も多数聞きます。

 

大事なのは収入を会社に依存しないこと。

それができればあなたの人間関係は大きく好転するでしょう。

 

当ブログで発行するメルマガではネットビジネスを通じて収入を会社に依存しない方法をお伝えしていきます。

登録はもちろん無料。

人間関係のストレスで心と体を壊す人が少しでも少なくなることを願います。

メルマガ誘導画像案09-6

 

4 Responses to “会社を辞める・辞めたい理由は人間関係が1位。ストレスで体を壊す前にやるべきこと。”

  1. 母ちゃん より:

    こんにちは☆

    うちは専業主婦ですが
    毎日、お金の事で頭がいっぱいです…

    現状をちょっとでも変えたくて
    でもうまくいかなくて…

    そんな繰り返しをしていました

    もっと気持ちに余裕を持っていきたいですね!

    • ケンタケオ より:

      母ちゃん様

      コメントありがとうございます。
      経済的に余裕がないと精神的にも余裕がなくなってしまいますよね。
      当サイトでも今後専業主婦の方にピッタリな稼ぎ方を紹介してきますので
      是非取り組んでみてくださいね。

  2. fumio より:

    初めまして。Fumioと申します。
    私もサラリーマン時代いやというほど人間関係に
    悩みました。
    コミュニケーションはとれるのですがおっしゃるとおりいろんな方が
    集まっていますので…
    今副業でネットビジネスを始めたばかりです。
    スグに結果が出るとは思いませんが継続していきたいと思います。記事大変参考になりました。応援完了です。

    • ケンタケオ より:

      fumio様
      はじめまして。
      コメントありがとうございます。
      人間関係は本当に難しいですよね。
      人に会うたびに自分の知らないタイプの人はまだまだいるんだな、と感じます。
      万人に対して効果的な具体案というのは難しいのかもしれませんね。

      最近ネットビジネスを始められた、とのことですが
      約200時間かければ月収10万円を継続的に生み出す仕組みを構築できます。
      1日1時間なら6か月半、1日2時間なら3か月強、1日3時かけられるなら2か月ちょっとですね。
      私が実践していた方法を公開していきますのでぜひ取り組んでみてください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ