マイナンバーで副業がばれる人ばれない人。税金対策・確定申告の抜け道がなくなる?


024fukugyou-02

いよいよ2016年1月からマイナンバー制度がはじまります。既に自宅に通知カードが届いている人も多いかと思いますが、副業をしている人の中には、「副業がばれるのではないか?」と戦々恐々としている人も多い様子。そこで、今回・次回でどんな場合に副業がばれるのか、また、マイナンバー制度開始後も副収入を得続ける方法も紹介します。

「誰に」ばれるのか

一口に「副業がばれるのが怖い」といっても、誰にばれたくないのかは人によって違います。

多くの人は本業の会社にばれるのを恐れているのではないか、と思いますが、中には税務署や家族にばれることを恐れている人もいるでしょう。

 

そこで、以下では、マイナンバー制度指導後に、税務署・家族・本業の会社、のそれぞれに対し副業がばれる可能性について検討していきます。

 

 

税務署にばれるか否か

ないとは思いますが、万が一あなたが副業の確定申告を怠っている場合、副業がばれたくない相手は何と言っても税務署でしょう。

 

税務署は、副業先などから支払調書(誰にいくら報酬を支払ったのか等を記載した書類)等の提出を受け、それと副業をしている人からの確定申告の有無や申告内容を照らし合わせることで確定申告が正しくなされているかを判断することができます。

 

ただし、支払調書と確定申告の照合は膨大な作業です。従来はそれを完璧に行うだけの調査能力が税務署になかったことから、副業の確定申告をしなくてもばれないケースもありました。

 

しかし、マイナンバー制度始動後は支払調書や確定申告書にマイナンバーが記載されることになります。

これにより、税務署は支払調書と確定申告の照会が容易になりますから、確定申告を怠っていることがばれる可能性は高まります。

 

ただし、ASPから報酬を受け取っているアフィリエイターの場合は事情が違います。

というのも、現状ではASPに支払調書の提出義務がなく、実際多くのASPは税務署に対して支払調書を提出していません。

したがって、“マイナンバー制度によって”税務署にアフィリエイターの無申告がばれるリスクは変わりません。

 

もっとも、アフィリエイトの市場規模の大きさを考えれば、確定申告をしないアフィリエイターが問題視され、税務署が本腰を入れて調査を始める可能性も十分にあります。

その場合、マイナンバーとは関係なしに無申告がばれるリスクは多分にありますし

ASP側に税務調査が入った場合に、それがきっかけで個々のアフィリエイターが目をつけられる可能性もあります。

 

さらには、今後法律でASPに対して税務署への支払調書の提出が義務付けられる可能性も否定はできません。

 

そもそも、納税は国民の義務です。

これを怠っていることが税務署にばれた場合、納税額が増えたり逋脱の罪に問われることもありますから、確定申告が必要な場合は必ず行いましょう。

 

家族にばれるか否か

扶養の範囲を超えた場合

副業が水商売だった場合、あるいは家族に内緒のへそくりや離婚への準備金(実際に聞いた話です)だった場合には、副業を家族に知られたくない、と考えることもあるでしょう。

 

特に学生が親に内緒で、あるいは妻が夫に内緒でキャバクラ等水商売のお店で副業をしていた場合などは、収入が扶養の範囲を超えれば税務署から親や配偶者に扶養の修整を求める通知が行きますから、それによって副業がばれることはあります。

通知自体からキャバクラ勤めをしていることまではわかりませんが、どんな副業をしているのか親や配偶者から問い詰められる可能性は高いでしょう。

 

もっとも、これはマイナンバー制度の有無との関係はそれほどありません。

あるとすれば、税務署等に対する従業員への給与報酬の支払いに関する書類の提出を怠っていたお店が、マイナンバー導入を機にきちんと提出するようになった場合でしょうか。

 

マイナンバー制度固有の問題は次のシステムにあります。

 

マイナポータル

「マイナポータル」とは、2017年の1月から導入が予定されている、マイナンバーに紐づけられた自分の情報を自宅のPC等で閲覧できるシステム

このシステムを利用するためには、マイナンバー、パスワード、個人番号カードとICカードリーダーが必要になりますが、

個人番号カードやパスワードの管理をおろそかにすると、家族があなたに無断でマイナポータルを利用し、副業の給与報酬の支払い元がばれてしまいます。

 

誕生日や結婚記念日等をパスワードに使う場合、家族であれば聞かずともわかってしまうことがあり得ますし、

キャバクラ勤務等を疑う家族から「マイナポータルで確認させてくれ」と言われた場合、断るとますます疑われることにもなりかねません。

 

個人番号カードをつくらないというのも対策の一つです。

 

※マイナンバーで副業が本業の会社にばれる可能性についてはこちら

 

副業で収入を得続けるために

副業の所得を税務署にばれないようにしたい、というのは論外ですが、扶養控除やマイナポータルから家族に対して副業がばれる可能性は否定できません。

 

もっとも、家族に副業がばれたくないというのは多くの場合、水商売等業種を知られたくないケースだと思います。

にもかかわらず副業に水商売を選ぶ人が多いのは、一般的なアルバイトに比べれば短時間で高額を稼ぐことのできる効率性に惹かれるからでしょう。

 

しかし、世の中には水商売以上に効率的に稼ぐことができる副業が存在します。

まだまだ世間の認知度は低いですが、その内容は家族に知られても全く恥ずかしいものではありません。

 

当ブログで発行するメルマガ講座では、そんな理想的な副業のやり方をゼロから丁寧にお伝えします。

登録はもちろん無料。

少しでも興味を持たれた方は、ぜひご登録ください。

メルマガ誘導画像案09-6

↑↑画像をクリックするとメルマガ登録画面に移動します↑↑

One Response to “マイナンバーで副業がばれる人ばれない人。税金対策・確定申告の抜け道がなくなる?”

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ