将来が不安なフリーターへ。大切なのは正社員になることではありません。


l_164

正社員は将来安泰でフリーターはお先真っ暗。世間ではこんな風潮があるかと思います。しかし、将来が安泰かどうかは雇用形態で決まるものではありません。正社員であることに胡坐をかいていると手痛いしっぺ返しを食らうもしれません。

 

フリーターと正社員の違い

正社員とフリーター、両者の違いは多々あると思いますが、一番の違いは「収入額」「経済的安定」の程度。

 

正社員の生涯年収は2億から3億円といわれている一方で、フリーターは5千万~8千万と言われていますから両者の収入額の差は歴然です。

収入が多いほうが人生の選択肢も増える場合が多いでしょう。

 

次に「経済的安定」の程度とは定期的に一定額の収入が得られる見込みがどれくらいあるか、ということ。

経済的安定の程度が高ければ、将来の収入の見通しが立てやすいため将来設計も立てやすいですし、ローンやクレジットカードの審査にも通りやすくなります。

 

正社員は、毎月一定額の給料が振り込まれること、けがや病気で一時的に働けなくなっても社会保障が充実していること、会社の解雇権が法律でかなり制限されていることから、安定しているといえそうです。

 

他方でフリーターはというと、給与は働いた時間次第で増減しますし、正社員に比べると社会保障は手薄です。また、契約期間が満了すれば、再契約するかどうかは多くの場合会社次第です。

 

こうして比較してみると、少なくとも経済的側面においてはフリーターよりも正社員のほうが圧倒的に勝っています

 

フリーターのほうが優れている点

他方で、正社員よりもフリーターのほうが優れている点もあります。

それは時間の融通が利くこと

多くの場合、正社員であれば、週5日、9時から17時・10時から18時など会社の定めた時間に働くことを強いられます。

実際には休日出勤や残業などでさらに時間を削られることもあるでしょう。

その際残業手当や休日出勤手当がつけば御の字、実際にはサービス労働を強いられることも多いのではないでしょうか。

 

他方でアルバイトの場合、入りたい時間の希望を出すことができますから、少なくとも正社員よりは時間の融通が利きます。

自分の時間の確保という観点からみれば、フリーターも悪くない選択肢のように思います。

 

正社員のほうが“ベター”なだけ

経済力なら正社員、時間的自由ならフリーター、それぞれに良いところはあります。

しかし、正社員よりもフリーターがいい、と大声で言える人は少ないでしょう。

その理由は多くの人が収入額や経済的な安定のためなら時間的自由を犠牲にするのは当然だ、と考えているからです。

 

確かにフリーターの経済力には大きな不安があります。

自由な時間が確保できる、とはいってもそれは労働時間を決める自由がフリーター側にある、という話であって

1日数時間しか働かなくても裕福な生活ができる、ということではありません。

同じ時間働いたならばほとんどの場合正社員のほうが収入は上。

結婚して家族を養おうと思えば、正社員以上の時間働かなくてはならないでしょう。

 

しかし、正社員の経済的な待遇を過信してはいけません。

あくまで、“フリーターと比較すると”正社員のほうが勝っている、というだけであり

正社員ならば収入がいいとか絶対的に安定している、というわけではないのです。

 

一見、経済的に天と地ほどの差がありそうなフリーターと会社員ですがどちらも収入を会社に依存している点は同じ。

 

各種の技術革新や国際化の影響で、社会の変化のスピードはどんどん速くなっています。

現在順調な会社が定年まで安泰かどうかは誰にもわかりません。

どんなに大きな企業でも、フォルクスワーゲンのような不正が発覚すれば一夜にして窮地に立たされるでしょう。

たとえ不正があなたのあずかり知らないところで起こったとしても、給与の削減やリストラ等のしわ寄せはあなたに来るかもしれないのです。

 

いざ、会社から放り出されたときに大事になってくるのは個人の力。

就職先を探すにしても起業するにしてもこれは不可欠です。

加えて、再就職する場合にはどれだけ優秀であっても会社が人員を募集していなければ就職することはできませんから

満足のいく収入を得られる仕事に就こうと思うと、ある程度の運も必要になるでしょう。

 

正社員だからと言って収入が安定している、と考えるのはあまりにも浅はかと言わざるを得ません。

 

経済力とは何なのか

そもそも、経済力がある、とは必要な時に必要な額のお金を用意できることです。

そのために大切なのは、お金に変えることのできる“何か”を持っていること

必ずしも会社に雇われてお給料をもらう必要はありません。

 

正社員もフリーターも「時間」を他人に売ることでお金に変えています。

時間は誰もが平等に持っているものですから、収入を得るのはとても簡単。

しかし人生は有限ですからこの方法だと必然的に自由な時間は削られていきます

 

他方で、時間以外のものをお金に換えている人もいます。

たとえば、地主。彼らはマンション経営や駐車場経営等、不動産を利用することで収入を得ています。

また、個人的にはお勧めしませんが、株やFXなどで生活している人も時間を売っているわけではないでしょう。

これらの人々の中には正社員よりもはるかに少ない労働時間で正社員以上の収入を得ている人もたくさんいます。

 

経済力があるとは、必要な時に必要な額のお金を用意できることであり、お金に換えられる何かを持つこと。

これを意識すれば正社員・フリーターといった雇用形態にとらわれる必要がないことに気が付くのではないかと思います。。

 

誰でもできる時間を売らずに生きる方法

とはいっても、地主になるためにはマンションが建つくらい大きな土地が必要ですし

株やFXには知識や素早く正確な判断力、究極的には運も必要になってくるでしょう。

絶え間なく上下する株価や為替相場をチェックする生活は精神的にも大変そうです。

 

しかし、中には不動産や経済の知識等がなくとも時間を売らずに収入を得る方法があります。

 

当ブログで発行する無料メルマガ講座では、時間の代わりにお金に換えることのできる能力を身に着ける方法をお伝えしていきます。

時間を売るのをやめれば、その時間を何に使うかはあなたの自由。

登録はもちろん無料です。

少しでも興味を持たれた方は是非ご登録ください。

メルマガ誘導画像案09-6

↑画像をクリックするとメルマガ登録ページに移動します。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ