仕事に行きたくない泣くほど憂鬱な朝に効く名言。休む前に読んでみてください。


kunou

誰だって仕事に行きたくないと思う日はあると思います。いっそ仮病でも使って休んでしまおうか、しかし休めば周りに迷惑がかかるし・・・と葛藤することもしばしば。そんなとき、背中を押してくれる名言を集めてみました。

とにかく眠い

“強いコーヒーをたっぷり飲めば目がさめる。コーヒーは暖かさと不思議な力と、心地よき苦痛を与えてくれる。余は無感よりも、苦痛を好みたい。”…ナポレオン・ボナパルト

 

眠気覚ましの代表格といえばコーヒー

コーヒーに含まれるカフェインが中枢神経を刺激することで眠気を覚ます覚せい作用が得られます。

「世の辞書に不可能の文字はない」と豪語したナポレオンも眠気には苦戦していたのかもしれません。

 

ポイントは「強い」コーヒーという部分と「苦痛」というところ。

眠気覚まし、という観点で見た場合、「強い」=濃い、「苦痛」=苦い=ブラックコーヒーと読むことができるでしょう。

砂糖やミルクを入れると血糖値乱高下が起こり眠くなってしまいます。

なので眠気覚ましには濃いめのブラックコーヒーがおすすめ。

カフェインの「不思議な力」で眠気を克服できます。

ただし飲みすぎると胃が痛くなるという別の「苦痛」が出ることもあるのでご注意を。

 

眠気覚ましのその他の方法としては、運動・ストレッチをする、日光に当たる、ガムをかむなどがあります。

 

ミスをした・上司に怒られた

“負けじゃねえ 勝ちへの途中!”…漫画バガボンドより宮本武蔵(新免武蔵)

“成功する人は、失敗から学び、別な方法でやり直す。”…デール・カーネギー

 

仕事において大なり小なりミスをすることは誰にでもあるはず。

そんなとき、出社するのが嫌になった経験は私にもあります。

 

「負けじゃねえ 勝ちへの途中!」は宮本武蔵をモデルにした漫画「バガボンド」に出てくる武蔵のセリフです。

槍の使い手宝蔵院 胤舜(ほうぞういん いんしゅん)に一度はぼろ負けして命からがら逃げ出した武蔵。

その姿は(自称)武蔵の弟子・城太郎からも軽蔑されます。

しかし、自分の弱さ・未熟さを受け入れた武蔵は、山籠もりの末、見事胤舜に打ち勝ちました。

(ちなみにこの一戦の後、城太郎も再び武蔵とともに旅をすることになります。)

 

ある出来事が「成功」か「失敗」かは何を目的としているかによって変わるもの。

短期的に見れば失敗でも長期的にはさらなる成功のための糧になるものです。

ミスをしても、それを次に活かせばいいんだ、と考えれば気持ちはかなり楽になるでしょう。

 

仕事でミスなく成長してきた人はいません。上司だってミスを重ねて成長してきました。ですから部下のミスは当然計算に入っています(というか入れていなかったらその上司は無能です)。

ですから、口では怒っていても内心はそれほど気にしていないことがほとんどです。朝上司にあったら元気に挨拶をしましょう。

 

悩み全般に効く名言

1.“世の中に無神経ほど強いものはない。”…勝海舟

2.“ぼくも、グラウンドに行きたくない日はたくさんあるのです。そのときには職業意識が出てきます。「仕事だからしょうがない」と、自分に言い聞かせるときもあるのです。”…イチロー

3.“仕事をゲームと思ってやればいいんだよ。”…斉藤一人

 

 

実はこの3つは連続しているように思います。

何かしなければならないことがある場合、上から

1.そもそも嫌な気持ちにならない。

2.嫌な気持ちはあるがあきらめてやる。

3.嫌な気持ちを視点を変えることでポジティブな気持ちに変える。

 

1のそもそも嫌な気持ちにならない、というのはその人の持って生まれた性格によるところも大きいでしょう。

私もわりと些細なことでクヨクヨするタイプなので、こういう性格の人はうらやましいです。

 

2はある意味プロフェッショナル。気持ちを抑えてやるべきことをやる姿勢はいかにも日本人らしく立派です。

しかし、嫌々やっているとどうしてもパフォーマンスは下がりますし、

なによりずっとその状態でいると人生がつまらなくなってしまいます。

 

そこで出てくるのが3。何事もゲームと割り切って、どうしたらクリアできるかを試行錯誤してみましょう。

たとえば、レーシングゲームの要領で、いつもは2時間かかる書類を少しでも早く完成させる、

嫌味な上司に褒め言葉を吐かせるために工夫する、

など、自分でひそかにルールを決めてゲーム感覚で楽しんでみるのです。

 

これを繰り返していけば、そのうちそもそも嫌な気持ちが起こらない強いメンタルがあなたの中にも出来上がります。

 

耐えられなくなる前に

しかし、時には名言だけではどうしようもないこともあるでしょう。

そんなときは、会社を辞めるという選択肢もありえます。

 

しかし、その時に避けては通れないのが収入の問題。

多くの人が離職に踏み切れないのは、辞めた後の収入面の不安があるからでしょう。

今のご時世、転職先が見つかるかどうかもわからないし、運よく見つかっても転職先の給与は今より悪いかもしれない・・・

かといって起業するほど特別な能力はないし・・・

考えれば考えるほど不満だらけの現状にがんじがらめになっていきます。

 

当ブログで発行するメルマガでは、仕事をしながらでも1日1時間の作業で安定して毎月10万円の収入を得る方法をお伝えしていきます。

副業を想定して毎月10万円としていますが、本腰を入れれば20万、30万…とサラリーマンと同等以上の収入を得ることも十分可能です。

収入面の不安がなくなれば、離職を含めた人生の選択肢もぐっと広がるはず。

少しでも興味を持たれた方は下記のリンク先から無料メルマガ講座へのご登録をお願いします。

具体的な方法は、メルマガ本編をご覧ください。

自由と安定を両立させる無料メルマガ講座

メルマガ誘導画像案09-6↑↑画像をクリックするとメルマガ登録画面に移動します。↑↑

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ