資産を増やす最も安全かつ効率的な方法。ローリスクハイリターンなウェブ資産とは?


088sisan-anzen-top-03

銀行にお金を預けても大した利息が付かない状況が長く続いています。

そのせいか、株式投資や不動産投資等の資産運用を考える人が年々増えてきている様子。

しかし、こういった資産運用には損をするリスクがあることも忘れてはいけません。

この記事では、資産運用のリスクの原因や、安全かつ効率的な資産運用の方法を紹介します。 

 

資産運用とは

そもそも資産運用とは何でしょう。

Wikipediaによれば、資産運用とは、

“自身の持つ資産を貯蓄・投資し、効率的に資産を増やしていくこと” 

要するに、自分の財産に働いてもらってお金を稼ぐ、資産がさらなる資産を生む、ということですね。

 

資産運用というと、株や不動産等への投資のイメージが強いですが、銀行等への預貯金も立派な資産運用の方法の1つです。

その他にも外貨預金・国債購入など、資産運用の方法はたくさんあります。

 

資産運用にはリスクがある

資産を増やす方法としては、資産運用のほかに労働があります。

資産運用が自分の資産に働いてもらうのに対し、労働は自分自身が働き、給料等をもうらうことで資産が増える、これは当たり前のことですね。

 

労働と資産運用の大きな違いの1つは、損をすることがあるかどうか、という点でしょう。

労働であれば、基本的には働いた分だけお金をもらうことができます。

働いたのに給料をもらえずに逆にお金を取られる、ということは基本的には起こりません。

他方で、資産運用の場合は運用後にかえって資産が減っていた、ということも多々あります。

 

資産を増やすために運用した結果、逆に減ってしまうことがある、

これが労働にはない資産運用のリスクです。

 

資産運用のリスクの正体

では、資産運用のリスクはなぜ生じるのでしょうか。

 

端的に言えば

・資産の取得・運用に費用がかかること 

・その費用を回収できない可能性があること 

の2つが原因です。

 

労働であれば、会社に入社する際にお金を取られることはありませんし、給料をもらえないということも基本的にはありません。

万が一会社の経営が傾いたとしても会社の債務を従業員が支払う必要はありませんから、少なくとも金銭的に損をすることはありません。

 

しかし、資産運用の場合は違います。

株式でも不動産でも、運用するための資産を購入するには費用がかかります

また、運用をプロに任せるのであればその人に報酬を支払う必要がありますし、不動産の場合は物件の修繕費等も定期的に支出する必要があります。

そして、株式や不動産の場合、価格が常に変動しており預金でいうところの元本保証がありません

購入した資産の価格が買値より下がったり、不動産の空き家が増えたりすると、こういった費用を回収できなくなり、結果損をしてしまいます。

 

ちなみに、損をするリスクがない資産運用も存在します。

その典型は預貯金。

これといって費用は掛かりませんし、元本保証があるので損をすることはまずありません。

しかし、確実性が高い反面、預貯金の利息は年利0.02%程度ですから、リターンはほとんどないといえます。

(預入金額=預金(債権)の購入費用ととらえれば、預金の額だけ費用がかかっているとみることもできます。その場合も、元本保証によって費用が確実に回収できるため、運用リスクはほぼゼロです

。)

 

資産運用のリスクを回避する2つの方法

資産運用のリスクの原因は

・資産の取得運用に費用がかかること

・その費用を回収できない可能性があること

の2つにありました。

 

とすれば、次の2つの方法によってリスクは回避することができます。

 

1.費用の回収可能性を100%に近づけること

1つ目は費用の回収可能性を100%に近づける、という方法です。

そのための最も一般的と思われる方法は、たくさんの種類の資産を運用することです。

例えば、資産を1種類しか持っていなければ、その価格が下がってしまえば、その時点でマイナスになってしまいます。

しかし、資産を10種類持っていれば、仮にその中の3つの価格が下がっても残りの7つの値上がりでそのマイナスを取り返すことができる可能性が高くなるでしょう。

 

受験でいえば、本命一本ではなくいくつか滑り止めも受けて確実に進学先を確保するイメージ。

競馬でいえば、単勝よりも複勝のほうが当てやすいのに似ています。

 

もっとも、この方法にはデメリットもあります。

それは、資産の種類を増やすためには多くの費用がかかる、といういこと。

資産の種類が増えるほど費用の回収可能性は高くなりますが、反面たくさんの資産を購入するために、多額の購入資金を用意する必要がでてくるのです。

 

2.費用をかけないこと

また、多額の費用をかけた場合、万が一費用を回収できなかった場合には、マイナスも莫大になります。

実際、リーマンショックの際には、多くの投資家が痛い目を見ました。

 

それを避けるためには、そもそも資産の購入・運用に費用をかけない、という方法が考えられます。

期待していた利益が得られなかった場合も、かけた費用が少なければ損をすることもありません。

 

しかし、費用をかけずに資産を手に入れる方法などあるのでしょうか。

 

資産を安全かつ効率的に増やす方法

一般に、資産とは

実物資産(貴金属や不動産など) 

金融資産(預貯金や株式など) 

の2種類です。

 

しかし、近年もう一つの資産に注目が集まっています。

それは、

WEB資産 (インターネット上に構築する資産)

「ウェブ資産」と読みます。

 

WEB資産というのは聞きなれない言葉かもしれません。

しかし、これは身近なところにもあります。

例えば、ブログもWEB資産です。

1日に1万人が見るブログであれば、1か月に約10万円の利益を出す資産になります。

芸能人にはブログを持っている人が多いですが、あれも立派なWEB資産です。

 

そして、WEB資産には実物資産・金融資産にはない特徴があります。

それは、資産の構築・運用に費用がほとんどかからない、ということ。

 

ここまでに書いてきた通り、資産運用のリスクの原因は費用です。

WEB資産の場合、その費用がかかりませんから、運用のリスクはゼロ

万が一うまくいかなくても損をすることはありません。

 

また、費用がかからないということは、収益がそのまま利益になる、ということ。

月に10万円の収益が出たら、それがそのまま利益になるのです。

 

つまり、

WEB資産は、きわめてローリスクハイリターンな資産運用を可能にする 

ということ。

これから株式投資や不動産投資を始めようかと考えている方も、まずはWEB資産を試してみることを強くお勧めします。

WEB資産の構築・運用の方法については無料メルマガ講座をご覧ください。

自由と安定を両立させる無料メルマガ講座

メルマガ誘導画像案09-6↑↑画像をクリックするとメルマガ登録画面に移動します↑↑

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ