会社員の副業がバレないための最も賢い方法。


087hukugyou-barenai-top-02

会社員の給料がなかなか上がらないこのご時世、副業に興味を持っている方は多いと思います。

しかし、MMD研究所の調査によれば、実際に副業をしているビジネスパーソンはわずか14.0%。

会社員が副業に踏み出せない原因の1つは、会社に副業をしていることがばれると困る、ということだと思います。

この記事では、会社にバレない副業のやり方について解説していきます。 

 

副業が会社にばれると困る理由

一言でいえば、多くの会社では就業規則で副業が禁止されているからです。

就業規則とは会社が定める職場のルールのこと。

労働行政研究所の調査によれば、83.5%の企業が就業規則に副業禁止規定を設けており、そのうち87.5%は副業が発覚した場合には何らかの対処を予定しているようです。

 

もっとも、過去の裁判例からすると、就業規則によっても副業を全面的に禁止できるわけではありません

詳しくはこちらの記事に譲りますが、一定の場合には副業をしても就業規則上の問題はないのです。

 

ただし、仮に就業規則上の問題が起こらなかったとしても、同じ会社の人間が副業をしてることを快く思わない人もいるでしょう。

同僚から白い目で見られたり、上司の心象悪くなったり、ひどい場合はもっともらしい理由をつけて人事評価を下げられるなど、副業が会社にばれることで就業規則以外のトラブルが起こる可能性は十分にあります。

 

就業規則上の問題を抜きにしても、副業をする場合は会社の人間にばれないように注意する必要があります。

 

副業が会社にばれる原因

そもそも、なぜ副業が会社にばれるのでしょうか。原因は主に以下の3つなのではないかと思います。

 

1.副業中の姿を見られる

真っ先に考えられるのは、会社の同僚や取引先の人間に副業中の姿を見られることです。

さすがに会社の最寄り駅付近で副業をする人はいないでしょうが、副業先が通勤圏内であれば接客中に同僚にばったり会ってしまう、ということはあり得ます。

また、副業先が本業会社から離れた場所にあったとしても、取引先企業の従業員に見られる可能性は残るでしょう。

これらはそれほど高い可能性ではないかもしれませんが、一度でも目撃されればその副業を続けることは難しくなります。

副業選びの際には、目撃されるリスクを十分に考慮する必要があるでしょう。

 

2.自分の言動

二つ目は、自分の言動からばれてしまう、というケースです。

副業で収入がアップすると、生活水準も変わってきます

ブランドものの服やアクセサリーを身に着けるといったわかりやすい贅沢もそうですが、注意したいのはむしろ日常生活。

昼食が1品多くなった、コンビニで頻繁で買い物をするようになったなど、普段の何気ないお金の使い方にも変化が現れるのです。

その変化に周囲の人間が気づいて「あいつは会社の給料以外に収入源があるのではないか?」と疑い始めるケースは決して珍しくありません。

 

また、つい口が滑って自分から副業のことを話してしまう、といういケースもあります。

副業がうまくいき始めて、数十万円のまとまった金額を毎月稼ぐことができるようになると、人に自慢したい、という気持ちがどうしても出てきます。

普段は話さないように気を付けていても、お酒の席などで気が緩み、うっかり副業のことを話してしまう、というケースは珍しくありません。

同僚に話したからと言って必ず上司に報告されるとは限りませんが、会社の人には副業の話はしないほうがいいでしょう。

 

3.会社への住民税額の通知

また、住民税をきっかけに会社に副業がばれる、というケースも多いようです。

 

住民税とは都道府県や市町村といった自分の住んでいる地方自治体に納付する税金です。

そして、住民税の納付額は、その人の収入に応じて変化します。

つまり、給料の額が同じでも収入が会社の給料のみの人より、給料+副収入の人のほうが住民税は高くなるのです。

 

問題は、この住民税の納付方法。

一般的な会社員の場合、住民税の納付は特別徴収(会社が給料から住民税を天引きして従業員に代わって納付する方法)で行われます。

会社は従業員の住民税額を把握する必要がありますから、毎年4月から5月ごろになると、役所から会社に各従業員の住民税額が通知されます。

先ほど述べたように、住民税額はその人の収入によって増減しますから、副業をしている人は給料が同じ他の従業員よりも住民税額が高くなります。

そこに会社の担当者が気づけば、副業をしていることが会社にばれてしまいます。

 

会社員の副業が会社にバレない方法

ここまで見てきたように、副業がばれる原因は

・目撃される 

・本人の言動 

・会社への住民税額の通知 

の3つが主です。

だとすれば、副業を始める際には、この3つをすべてクリアできるようなものを選ぶ必要があります。

 

そこで私がお勧めしているのがインターネットビジネス

詳細はこちらの記事をお読みいただきたいのですが、インターネットビジネスであれば、これら3つの問題をすべて解決したうえで、あらゆる副業の中でも最高レベルの効率性で収入をあげることができます。

 

1.人に見られない

インターネットビジネスは文字通りパソコンとインターネットを利用したビジネスですから、仕事をする場所は自分のパソコンがある自宅です。

自宅で行うのであれば、同僚から副業をしている姿を目撃される心配はありません。

 

2.会社外に話せる仲間ができる

また、インターネットビジネスには誰もが稼ぐことのできる方法が確立されている反面、その方法を知らなければなかなか稼ぐことができない、という側面も。

そのため、ほとんどの人は、すでに稼いでいる人から知識や技術を学ぶのですが、その過程で、インターネットビジネス仲間が自然と出来ていきます。

仲間内で満足いくまで話しておけば、会社の同僚にインターネットビジネスの話をしたいという気持は小さくなりますから、会社でうっかり口を滑らす危険を大幅に減らすことができます。

 

3.会社に副業分の住民税の通知がされない

さらに、会社への住民税額の通知については、副業の収入にかかる住民税の納付方法を普通徴収にすることで解決できます。

普通徴収とは、会社を通さずに住民税の納付を行うこと。

これを利用すれば、会社に通知されるのは給料分のみの住民税額になりますから、副業が発覚することはありません。

地方自治体によっては副業がアルバイト等の給与所得の場合には普通徴収を選択できない場合もありますが、インターネットビジネスで得る収入は給与所得ではありませんからこの点を心配する必要はありません。

 

会社バレのリスク、収入額、効率性、どれをとってもインターネットビジネスは会社員にとって最適な副業です。

インターネットビジネスの概要についてはこちらの記事を、

具体的な実践方法については無料メルマガ講座をご覧ください。

自由と安定を両立させる無料メルマガ講座

メルマガ誘導画像案09-6↑↑画像をクリックするとメルマガ登録画面に移動します↑↑

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ